そもそもリテーナーって何/臭い汚れ洗浄剤リテーナーCビバ

  1. リテーナークリーン HOME  > そもそもリテーナーって何?

そもそもリテーナーって何?

歯並びを整え、噛み合わせを正常に治す歯列矯正。長期にわたる治療が終わると、その整った歯並びを保つ役割として登場するのが保定装置リテーナーです。「せっかく歯列矯正装置が外れたのに…」と思ってしまいそうですが、実はここからが肝心なところなのです。なぜならば歯は固定しても動く性質を持っているので「せっかく整った歯並びが、元に戻ってしまった…」なんてことを防いでくれます。そうは言っても口の中に装着するというと、どうしてもストレスに感じてしまいますが、矯正治療がリテーナーまでくれば、美しい歯並び、正しい噛み合わせまで、あと一歩です。

リテーナーを装着する理由

歯の矯正治療が終わり装具を外した直後は、一番注意が必要です。矯正装置を外した直後は歯の根の部分が動きやすく、せっかく整えた歯が動いてしまう、後戻りをしてしまう可能性が高いからです。また、歯を理想通りの歯並びに矯正してみても、実際に装具を外してみると噛み合わせがうまくいかないなどの不具合が生じる可能性もあります。そんなときリテーナーは細かな調整を利かせ、第二の矯正装具として活用します。矯正後にリテーナーを使用することで、よりしっかり噛める歯、美しい歯を整えるための保持と矯正の2つの重要な役割を果たしてくれます。

リテーナーの種類

リテーナーも種類があります。大きく2つに分けると取り外しができない「固定式」と、取り外し可能な「非固定式」があります。

固定式は一般的にフィックスタイプと呼ばれています。
歯の裏側から細いワイヤーで歯を固定します。歯の裏側に固定するので外見でも目立ちません。取り外しができないので、虫歯や歯周病などを防ぐための専用ブラシを使った丁寧な歯磨きと定期的に歯医者さんでクリーニングを受ける必要があります。装具をつけている限り後戻りを防いでくれます。

非固定式のタイプは、床タイプ(しょうタイプ)、マウスピースタイプです。床タイプは歯の表面をワイヤーで覆うように固定して内側にプラスチックのプレートがついているタイプです。見た目はワイヤーが目立ってしまう特徴があるので、見た目を気にする人は他の方法を検討する方がよいでしょう。

マウスピースタイプは、歯と歯茎を覆うタイプです。素材が透明なので見た目は目立ちにくく、取り外し可能なので小まめなお手入れができ、清潔な状態を保てます。

リテーナーを使うときの注意点

取り外しができるリテーナーは、必ず決められた時間、期間内はきちんと装着しましょう。つけ忘れが多くなり期間があいてしまうと、その間に歯が動いて、リテーナーが合わない、整えた歯並びがずれてしまうなどの症状が出てきてしまいます。リテーナーの役割は矯正した歯並びを保持することで、きちんと固定されるまで使い続けることが重要です。使い始めは慣れぬ装具が口内に入るわけですから、違和感があるかもしれません。そのうち慣れてくるものですが、それでも違和感、不具合が続くようでしたら早めに歯医者さんに相談しましょう。

矯正治療の最終段階でもあるリテーナー。取り外し可能なものから、固定のものまでその種類も様々あります。リテーナーを用いる期間は一般的に1年~3年と長い期間が必要ですので、まずはご自身にあったリテーナーの種類を歯医者さんに相談してみましょう。歯科矯正とリテーナーは必ずセットで行われるものです。整えた歯列が定着するまで最後まで矯正に専念して、健康な歯と口腔内環境を手にしましょう。

お父さんだっていびきや肥満から解放されたい!!除菌率99.9% コーティング成分配合 キシリトール配合 歯石防止剤配合 姉妹商品 デンタルマウスピース洗浄剤