リテーナークリーンVIVA/歯列矯正にリテーナーは不可欠

  1. リテーナークリーン HOME  > 歯列矯正にリテーナーは不可欠

歯列矯正にリテーナーは不可欠

「ようやく矯正も終わりかなと思ったら、別の新たな矯正器具をつけることになってテンションがた落ち...」という方も多いと巷で話しを聞くことが多いリテーナー生活あるある。装着している期間も長くなってくると、早くこのストレスから脱却したいと思ってしまいますが、なかなかどうしてしばらく時間が掛かります。ですが歯列矯正後にこのリテーナーを装着させるからこそ、きれいな歯並びを維持することができるのです。このページではリテーナーの必要性や装着時間、仮に痛みが出た場合の処置法についてご説明します。これから歯列矯正する方も、そろそろ歯列矯正期間が終わりリテーナー生活が始まる方も是非ご一読ください。

リテーナーをつけないといけない理由

リテーナーをなぜ装着するのか、その理由を知る前に、矯正によって歯が移動する仕組みをまずは把握しましょう。なぜ歯が移動出来るかと言うと、歯の周辺にある組織の代謝によるものが大きいです。
実は歯を支えるための「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれるものが歯茎内にあり、この歯槽骨と歯根の間に「歯根膜(しこんまく)」という膜状の組織があります。
このように、歯槽骨が変形することによって歯は移動を行っていきます。

①骨が安定化するまで歯列を保つ

歯列が綺麗になり、矯正装置を外した後も、まだ歯槽骨がきちんと作られていない状態です。骨が不安定なので、歯列がおかしくなりやすく、とても後戻りしやすい状況となっています。
歯列に沿わせるようにリテーナーでガイドして、骨が安定化するまで、歯列が崩れないようにします。

②治療を短くするため

リテーナーを使わない場合、矯正に掛かる治療期間が通常の倍以上になるケースもあります。リテーナーは後戻りが起きている間の矯正を務める第2の矯正器具であり、もし利用しない場合はブラケットが必須となります。なぜかというと、リテーナーは矯正が終わった後に、歯が元の位置に戻ること無く、新しい位置に固定化させることが目的だからです。この期間も同様にブラケットで矯正を継続しても問題ないですが、歯を動かす力はさほど必要ないためリテーナーのように取りはずしもできる器具でもカバーできます。ブラケットは時間や費用が積み重なるだけではなく、虫歯の発生を引き起こす危険も高く、ビジュアル的にもよくないため時期が来たらリテーナーを選ぶと良いと思います。

③思いっきり噛めるかみ合わせを目指して

リテーナーは矯正器具(ワイヤーなど)よりも非常に細かく歯を動かすため、かみ合わせを改善する役目も果たします。というのも、仮に目標としていた歯の形に矯正出来たとしても、従来のかみ合わせで、歯の上部が削れてしまい、かみ合わせがうまく出来なかった場合もリテーナーで微調整を行うことが出来ます。
このようにかみ合わせもしっかり調整することで、よりしっかりと噛むことができる歯へと改善することができます。

リテーナーの装着期間

人によって異なりますが、早い方では1年、長い方では3年掛かります。基本的に、矯正にかかった時間と同じだけ掛かると考えておけば間違いないでしょう。
矯正したばかりの歯は動きやすくなっており、美しい歯並びを安定して保てるまでは、サブ的にリテーナーを使うことが必要です。美しい歯並びを安定して保てるというのは、歯を助ける骨や頬など周辺の組織が歯列状況に慣れ、支えられるといった状況です。なおリテーナーのタイプにもよりますが、装着開始の頃は食事をするとき以外24時間装着しっぱなしになります。マルチブラケットをつけた矯正中の食事は少々制限がありますが、リテーナー自体は取り外して食事が可能ですのでリテーナーによるストレスはありません。ですが例外的にリテーナーの種類によっては無理な食材もあるので(強い酸性の食べ物など)、かかりつけの歯医者の先生に聞きましょう。
その後、時間が経過し歯列矯正が順調に進んでくると、歯医者さんの指示に従って、最初24時間つけっぱなしのリテーナーが徐々に半分の12時間、6時間と短くなっていきます。安定しだすと、2日~3日に一度のように装着頻度を落としていき、最終的に開放されます。個人的に「そろそろリテーナーは使わなくていいかな?」という風な安易な判断でリテーナーを使わないようにならないように注意してください。

リテーナーの扱い方

リテーナーの洗浄は洗浄用のクリーナーで自分で出来ます。専用クリーナー液に浸けることで、洗浄や除菌を行いますが、長い時間浸けておくと、樹脂とワイヤーの接合部が緩んでしまうケースもあります。クリーナーの使用する方法を守って、常に清潔に保つことが重要です。

様々な種類のリテーナーと特徴

リテーナーをなぜ装着するのか、その理由を知る前に、矯正によって歯が移動する仕組みをまずは把握しましょう。なぜ歯が移動出来るかと言うと、歯の周辺にある組織の代謝によるものが大きいです。
実は歯を支えるための「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれるものが歯茎内にあり、この歯槽骨と歯根の間に「歯根膜(しこんまく)」という膜状の組織があります。
このように、歯槽骨が変形することによって歯は移動を行っていきます。

①床タイプ

特徴としては、脱着も容易で歯磨き等もやりやすいです。口を開くと針金が目を引くため、見た目を気にする方は別のやり方を調べてみると良いでしょう。つけ心地は、プラスチックのプレートが口内に触れるのに慣れが必須ですが、かみ合わせは歯同士がしっかりと噛み合うため違和感は減少します。しかし、発音は少ししづらいため、発音が重要な職業の方は歯医者さんにアドバイスを求めることをおすすめします。毎日のお手入れについては、歯ブラシで軽く磨くことや、一定間隔で専用の洗剤を使ってしっかりと汚れを落とすことでばい菌の繁殖を抑えます。床タイプは針金を使っているため、大きな衝撃を与えると変形する可能性も・・・。
取り外しや洗浄の際の取扱には注意しましょう。

②ワイヤータイプ

フィックスタイプとも呼ばれるワイヤータイプのリテーナーは、0.5mm程の細い針金を歯の裏面に接着してきっちり固定してしまうため、取り外しは不可となります。虫歯や歯肉炎・歯周炎リスクを抑えるため、日頃のお手入れや定期的に歯医者さんでのクリーニングを受けることが大切です。前歯の凹凸が激しい箇所や隙間がある場合に主に使用され、装着期間に関しては2年間外さないことが世界基準で推奨されています。装着していれば後戻りはしないという特徴があるため、矯正の成果をきちんと残したいという方は検討する余地があります。小型で違和感があまりなく、かみ合わせや発音に違和感が出づらいため、誰にも気づかれたくないという方にもオススメです。

③マウスピースタイプ

別名クリアリテーナーとも呼ばれる透明なリテーナーです。歯や歯茎を全てカバーするタイプで、薄いプラスチック製で、強度はほとんどありません。透明なので気付かれにくいという特徴があります。
装着時に発音しにくいということはほとんどありませんが、使い始めの頃は唾が飛びやすいため気をつける必要があります。また、マウスピースは歯を覆っており、噛み合わせることが困難なため、噛み合わせを安定させたい方は別の方法を考えることをおすすめします。お手入れの方法はソフトな歯ブラシで磨くほか、雑菌が繁殖しがちなため一定サイクルで洗浄剤を使うことが推奨されています。殺菌は大事ですが、変形や破損のことが考えられるため熱湯やレンジでのメンテナンスはお薦めしません。

矯正が完了した後のリテーナー、痛みを伴う場合の対処法とは

①口のどこかに当たっている場合、痛みが生じる

口内や歯茎に接触している箇所や、少々合わないところがあるだけでも痛みが出てくることもあります。元来リテーナーは痛みが発生しない器具ですが、毎回決まった場所が痛くなる、強い違和感があるといった場合は早めに専門家に診てもらい、調整が必要になります。痛みを伴うまま口の中にいれておくのはキツイですが、逆に外している時間が長すぎると、歯が元の位置に戻ろうとするため、早めの行動を心がけることが大切です。

②しばらく装着しなかったため、歯が動いている

数日リテーナーを取り外していたりすると、気づいたら歯が動いてしまい、器具が合わなくなるケースがあります。 しばらくの間装着していると痛みから解放される場合もありますが、大きく動いている場合はリテーナーを作り直さなければいけないこともあるため、気をつける必要があります。もちろん、再度制作の費用は掛かります。

③付け始めの最初は痛みに襲われることも

時々歯の移動が行えることを考慮してリテーナーを設計しているケースもあります。リテーナーは本来、矯正が完了した後の形に合わせて作られているため、痛みや違和感を覚えることはありません。しかし、矯正や患者の要望などによって影響を受ける場合もあります。痛みがある場合は早めに歯医者さんにへ相談しましょう。

矯正終了後、リテーナーを使用する際に覚えておきたい点

①装着期間が空くと歯が動いてしまう

リテーナーは矯正で動かした歯に本来の位置を覚えてもらうための器具であり、指示に従って装着しないと歯が矯正前の状態に戻ります。実のところ、この期間にリテーナーをきちんと取りつけしなかったため、膨大な時間や費用をかけて矯正したキレイな歯並びが整わなくなってしまい再矯正となる方もいるくらいです。 キレイな歯並びをキープするための大事な期間となりますので、しっかりと装着することを意識しましょう。

②使用中の飲食はできるだけ避ける

接着剤で固定する種類のリテーナー以外は、基本的に装着している最中に飲食しないのがルールです。樹脂とワイヤーを組み合わせて作られているリテーナーでは、樹脂の部分が割れてしまうきっかけにもなります。また、ジュースなどは虫歯が発生する原因にもなりますので、ジュースの場合でも、取り外してから飲み、口をすすいでから装着しましょう。

③リテーナーの洗浄は歯磨きの後に行う

柔らかな歯ブラシで汚れを落とし、専用の洗剤などで日々お手入れしていきましょう。手入れをおろそかにすると、細菌が増殖し虫歯や歯周病のリスクを高めるだけでなく、口臭などを引き起こす原因にもなります。 洗浄方法はリテーナーの種類によって違うため、予め歯医者さんで確認するほうが良いでしょう。

④発音がはっきりしない場合も

装着後当分の間は口に異物が入った状態で話すのに慣れず、発音が聞き取りづらい場合があります。リテーナーのタイプによって状況は変わりますが、約1週間~2週間で
慣れてくる人も出てくるため、少し期間を空けて様子をみることをおすすめします。 接客業や営業など、仕事上発音が悪いと困る場合は、事前に歯医者さんと相談しておきましょう。

⑤破損を防ぐため、外した後も丁寧に

例えば外した後そのまま置きっぱなしにしたり、外出中にバックにそのまま入れたりすると破損の原因に繋がります。
取り外した後は専用のケースに入れましょう。

⑥痛みを伴う場合は再調整を

リテーナーは基本として、痛みはほぼ発生しません。もし痛みを感じたりする場合は、速やかに装着を中止し、リテーナーの再調整を行いましょう。

矯正治療は歯を移動させ、外見が改善されて終わりというものではありません。歯は常に移動しているものであるため、元々の位置に戻ろうとする、後戻りが生じてしまうものなのです。これを防ぐには、リテーナーという保定機具を付けることが必要です。
治療後も歯を固定し続けることで、キレイな歯並びを維持することが可能となります。
リテーナーの装着を怠ってしまうと、すぐさま歯の後戻りが起きてしまい、最悪の場合、再度、矯正治療をやり直すケースさえあります。
もちろん、矯正歯科後はブラッシングもしっかり行い、虫歯、歯周病も予防しましょう。
装着時間や取り扱いの注意点を守り、矯正完了するまでしっかりと続けましょう。

お父さんだっていびきや肥満から解放されたい!!除菌率99.9% コーティング成分配合 キシリトール配合 歯石防止剤配合 姉妹商品 デンタルマウスピース洗浄剤