リテーナー臭い汚れ洗浄剤/口内のバイ菌の種類

  1. リテーナークリーン HOME  > 口内のバイ菌の種類について

口内のバイ菌の種類について

「お口の中は細菌がいっぱい!」と聞いたことはありませんか? では、どのくらいの細菌が私たちの口の中にいるのか想像してみましょう。その数、まだ名も無いものも含めると約700種類の細菌が生息しています。さらに食べカスや汚れが残ってできるプラーク(歯垢)は、これら細菌の塊で1g中1000億個とも言われています。細菌といっても悪性ばかりではなく、常在菌は私たちの口腔環境のバランスを保ち、侵入するウィルスや細菌から守る役割もあります。一体どんな細菌が我々の口腔環境に影響を及ぼしているのかご紹介していきましょう。

虫歯菌の代表格・ミュータンス菌

お口の細菌と聞くと、真っ先にイメージするのは「虫歯の原因菌」でしょう。虫歯の原因菌の代表格はミュータンス菌という細菌です。しかし、私たち人間が胎児で生まれてきたときは、口の中に細菌がいない無菌状態で生まれてきます。たとえば3歳までの成長過程でこのミュータンス菌に感染することがなければ、それ以後に感染しても増殖は抑えられるので、虫歯になりにくい口腔環境が整うと言われています。ではミュータンス菌の感染源はというと、主に他の人間からです。たとえば虫歯があるミュータント菌を持つ大人からの口移しで食事を食べさせるなどの行為から感染することが報告されています。

ミュータンス菌は糖質(主に砂糖)を餌にして、歯の表面に付着します。ミュータンス菌が作り出すネバネバした成分がプラーク(歯垢・菌の巣)になり細菌が増殖して虫歯の原因を作り進行していくのです。

お口の中は全身疾患の原因菌もいる!?

口の中の細菌と聞くと、口腔内のトラブルを想像しますが、実は全身の疾患にも関係する細菌も存在しているのです。口腔内疾患でしたら、カンジダ症、重度の歯周病、口内炎、口腔ヘルペス等、全身疾患の例ですと誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病の悪化など、口腔内とは一見関係がなさそうな症例との関係性が多くの研究機関から報告されています。

これらの症例を見ると、なんだか怖くなってしまうのですが、元々は病原性の細菌はとても弱く、通常ですと唾液の洗浄、抗菌作用によってその作用は抑えられています。しかし、口腔内が非衛生的な状態や免疫力が低下していると、細菌が増殖する要因になってしまいます。

効果的な口腔ケア

1.毎日の口腔内ケア

口腔内の衛生状態を保つのに大切なのは、毎日の歯ブラシなどの口腔内ケアです。歯ブラシの最大の目的はプラーク(歯垢)を落とすこと。プラークは水に溶けにくい性質を持っているので、うがいなどでは取り除くことができません。ですから、歯の表面、歯と歯の間、歯と歯肉の境目、噛み合わせの接地面は毛先が届くように磨きましょう。
プラスしてお勧めするのが、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使った歯ブラシでは届かない部分のケアです。毎日のお手入れこそ、口腔内の健康維持に必須です。

2.飲食、砂糖の摂り方

ミュータンス菌は糖質を餌にして、まずは酸を作り出します。その酸によって歯のエナメル質の表面からカルシウムやリンが溶け出して虫歯を進行していきます。通常口の中は唾液の働きによってバランスを保っていますが、食べたり飲んだりすると酸性にかたむきます。この酸性こそ虫歯を進行させる要因です。特に砂糖を使った甘味、ジュースなどは要注意。飲食をしたら、すぐに歯を磨く習慣をつけましょう。他に注意したいポイントは、ダラダラと食べ続けることです。この食べ方こそ、まさに虫歯を作りやすい習慣。メリハリのある食事と歯磨きの習慣を取り入れて、口腔内トラブルの予防を心がけていきましょう。

私たちの口の中に存在する無数の常在菌は、まさに私たちの健康を守ってくれる番人のような存在です。口腔内を清潔に保つことは、虫歯などのお口のトラブル防止だけではなく、全身の病気のリスクを予防することにもなります。トラブルを引き起こす細菌は、歯の周辺だけではなく舌や粘膜などにも潜んでいるので、見落とすことのないように、いつでもお口の中を清潔に保ちましょう。お口の健康を保つことは私たちの健康に、そのままつながっていきます。

お父さんだっていびきや肥満から解放されたい!!除菌率99.9% コーティング成分配合 キシリトール配合 歯石防止剤配合 姉妹商品 デンタルマウスピース洗浄剤