リテーナー臭い汚れ洗浄剤/口内の汚れや臭いの原因

  1. リテーナークリーン HOME  > 口内の汚れや臭いの原因

口内の汚れや臭いの原因

口臭予防、口臭対策は大人のエチケットのひとつ。とは言え、気をつけているはずなのに、何だか口の臭いが気になる、人前に出るのをためらってしまう、となると人間関係にも影響が…。ニンニク料理など臭いのある料理を食べた後、飲酒後なども口臭が気になるところですが、これは一時的なものなので、健康面ではそんなに心配する必要はありません。注意したいのは、何らかの病気・疾患による口内の汚れや口臭です。ではどんな時に口内の汚れ、口臭になるのかみていきましょう。

お口の汚れ、口臭は万病の元!?

お口の中の汚れや口臭は、口腔内に残ったタンパク質が原因のひとつです。口の中の細菌が食べカスやタンパク質を分解する時に発生するガスが口臭の原因です。ですから、口の中の汚れをそのままにしていると口臭になってしまうのです。さらに食べカスをそのままにしておくと細菌は増殖し、歯を失う2大原因の「虫歯」「歯周病」の原因になります。口臭、口の汚れは、病気や疾患のサインでもあり、病気の原因にもなるので早急な対処が必要です。

お口の汚れ、口臭の原因

生理的口臭

起床時、空腹時、緊張時は口臭が強くなることがあります。これらの原因としては、唾液の分泌量が減り、細菌が増殖して口臭の原因のガス(VSC)を作るためです。しかし、これらの口臭は歯磨きや、食事や水分摂取で改善されるので、治療などは必要ではありません。

舌苔の汚れ

「口臭は胃腸が悪い」とか、「弱っている」と聞くこともありますが、原因のほとんどは口の中にあり、主に「舌苔(ぜったい)」であると言われています。舌苔とは、舌の上にある白い付着物です。舌苔が口臭の原因のガス(VSC)を作り出しているため、舌苔が多いと口臭が強くなります。舌苔ができる原因としては、ストレス、口呼吸、唾液の分泌量減少などです。

歯周病・虫歯

歯周病・虫歯の原因でもあるプラーク(歯垢)の中の細菌。その歯周病菌がガス(VSC)を作り、口臭の元になります。虫歯の場合も食べカスや虫歯菌が虫歯の穴の中にたまり、臭いが強くなり、口臭の原因になります。小さな虫歯では気にならないこともありますが、虫歯が進行していくと次第に臭いが強くなってきます。

病的要因の口臭

鼻は口とつながっているため、蓄膿症や喉頭炎、咽頭炎などの炎症で口臭が起こる場合もあります。または呼吸器系、消化器系の病気で発生することもあります。

たかが口臭、口腔内の汚れといっても、これらは病気のサインかもしれません。歯ブラシ、フロスを用いた口腔内ケアをすることで改善する場合もありますが、それでも改善がみられないのでしたら歯医者さんに相談してみましょう。放っておくと進行する可能性もあるので、気づいた時にはなるべく早く受診することをおすすめします。口臭や口腔内の汚れは、人間関係、コミュニケーションにも影響を及ぼしますが、それ以上に重要ともいえる私たちの健康を守るためにも、お口の健康はとても重要です。

お父さんだっていびきや肥満から解放されたい!!除菌率99.9% コーティング成分配合 キシリトール配合 歯石防止剤配合 姉妹商品 デンタルマウスピース洗浄剤