リテーナークリーンVIVA/歯並びが悪いと虫歯になる

  1. リテーナークリーン HOME  > 歯並びが悪いと虫歯になる

歯並びが悪いと虫歯になる

歯並びが良くないと細菌が口内に残りやすく、虫歯になりやすくなります。
また、治療を行ったとしてもすぐに虫歯になる可能性が高いため、何度も治療を繰り返し、最後は歯が折れてしまうことがあります。
歯並びは見た目だけでなく虫歯予防にも重要ですが、それ以外にも重要な理由はあります。
今回はそれぞれ少しずつ紹介します。

悪い歯並びが引き起こす問題とは

・見た目

歯並びが悪いと、笑ったときの歯が気になってしまい、思い切り笑えないという場合があります。

・むし歯

磨きづらいところが多く、磨き残しの部分が発生しやすいため、むし歯になる傾向にあります。

・歯周病

歯垢(しこう)や歯石が沈着することにより、歯周病の原因となる細菌が発生します。

・顎の痛み

前後左右に顎が動く時は、上下の犬歯から犬歯までの12本が要になります。
例えば上と下の前歯が当たらないくらいひどい出っ歯の人は顎の痛みや顎関節のノイズが発生しやすいです。

・発音

歯が内側に倒れる、歯間の隙間が広い場合など正常な舌の動きがしづらいため、発音に影響が出る場合があります。
また舌の動きが悪い舌強直症(ぜっきょうちょくしょう)も同様に発音が悪くなる傾向があります。

・全身

噛み合わせが悪いと肩こりや腰痛の原因になるということが、最近になって分かってきました。

・社会的評価

日本とは違い、歯並びや噛み合わせの良さは自己管理能力の一つになると欧米では考えられています。
さらに歯並びが整っていないと、家庭の教育レベルが低いという否定的なイメージで見られる傾向があり、ある意味歯並びの良さが教養の証しとされています。グローバルな時代になってきた今、歯並びが悪いことによる人間関係でデメリットを受けてしまう時代になりつつあります。

治療を受けている間は面倒なことも勿論出てくると思いますが、歯並びを直すことで沢山のメリットがあります。まずは一度歯医者さんにご自分の歯を診て頂き、その上でしっかりと治療していきましょう。

お父さんだっていびきや肥満から解放されたい!!除菌率99.9% コーティング成分配合 キシリトール配合 歯石防止剤配合 姉妹商品 デンタルマウスピース洗浄剤