リテーナークリーンVIVA姉妹品デンタルマウスピース洗浄剤効果

  1. リテーナークリーン HOME  > デンタルマウスピースの効果

デンタルマウスピースの効果

「朝起きたときに目覚めがスッキリしない、疲れがとれない…」。その原因、もしかしたら、寝ているときの歯ぎしり、いびき、などが関係しているかもしれませんよ。日常のストレス、寝具の不具合など、原因はさまざまありますが、予防するひとつの方法が就寝時のマウスピース装着です。寝ているときに起こる症状は無意識で対処が取りにくいものですが、マウスピースを装着するだけで予防につながる手軽さが、今注目されています。ストレスも少なく、すぐに始められるのも良い点です。家族から、友人から「いびきがうるさい」、「歯ぎしり、すごいよ」と言われたことのある人!? これは使わない手はないかも! 実際にどんな効果があるのか、それぞれの症状別にご紹介していきましょう。

実はほとんどの人が歯ぎしりをしている?

マウスピースを装着する目的で一番多いのが「歯ぎしり対策」です。就寝時にマウスピースを使うことで、歯ぎしりをしていたとしてもマウスピースが歯をカバーしているので、直接こすりあう摩擦を軽減し、歯のすり減りを防いでくれます。歯ぎしりを甘くみてはいけません。すり減った歯の表面のエナメル質が破壊されて、虫歯、知覚過敏、歯周病などの口内トラブルの原因、顎関節症、肩こり頭痛、腰痛なども引き起こす可能性があるからです。歯ぎしりは早めの対策が重要ですよ。

就寝の妨げにもなるいびき、なんとかしたい!

就寝時のクレームNo.1と言えば、いびき。でも「うるさい!」では済まされない身体への弊害がたくさんあります。一番の原因と言われているのは何らかの作用で空気の通り道「上気道」が狭まること。マウスピースをつけることによって、上気道の空気の通り道を確保しやすくなるのです。いびきをかく人の特徴でもある口呼吸が、マウスピースの効果で鼻呼吸になり、いびきの軽減、音が小さくなるなどの効果が期待できます。

印象すら変える歯並び治療にも!?

歯並びが悪いと見た目やメンタル面にも影響を与えますが、口内トラブル、咀嚼、筋肉のバランスなど身体面にも負担が。矯正といえば金属のワイヤーやブランケットのイメージで、歯へ圧力をかけて歯の移動を促していきますが、マウスピース矯正もゆっくり時間をかけて矯正していく治療方法です。すべての症状に適応するわけではありませんが、手軽にできるメリットがあるので、気になる方は一度ドクターに相談してみることをオススメします。

マウスピースと聞いても、自分には関係ないと思っている方が多いかもしれませんが、症状と改善策を知ると、実のところのメリットを感じられたのでは? どうしようもないとあきらめていた歯ぎしり・いびき・歯並びなどの悩みが、マウスピール装着で軽減できるかもしれません。以前までの治療方法では費用面、見た目、制限があるなど、ネックな点も多く一歩踏み出せなかった方も、マウスピース治療ならば特別な制限もなく、本体も透明で気付かれにくいなど、手軽にできるのも喜ばしいところ。マウスピース治療は比較的新しい治療方法で、さまざまな症状に対応し、その幅は広がっています。

お父さんだっていびきや肥満から解放されたい!!除菌率99.9% コーティング成分配合 キシリトール配合 歯石防止剤配合 姉妹商品 デンタルマウスピース洗浄剤